吾妻食品( ご飯の友 )

福島県

看板商品“うまくて生姜ねぇ” “辛くて生姜ねぇ”。めしともの代名詞となったこちらの商品は、ただ生姜を刻んで味を付けただけではないんです。刻まれた生姜の大きさは実は均一ではなく、口当たりが良いように計算されつくされています。時間と手間をかけて生み出されたからこそ、逸品なんです。

http://www.adm-f.com/