期間限定ショップ

ITと東北をつなぐ「サーバー屋のサバ缶」試食販売イベント開催!


3月11日(日)、日本百貨店しょくひんかんにて、IT業界で人気の「サーバー屋のサバ缶」の試食販売イベントを開催致します!

東京でサーバー管理をしている<株式会社スカイアーチネットワークス>さんのダジャレからスタートした、「サーバー屋のサバ缶」。
木の屋石巻水産さんにオリジナルのサバ缶を製造委託し、本格さば味噌煮缶のノベルティとして2015年3月に誕生。今日まで8000缶が製造されました。
また「サーバー屋のサバ缶」を1個380円で販売し、売上げの38%を被災地の子供たちを支援する活動に寄付しています。

そんなスカイアーチネットワークスさんが、「サバ缶屋」として日本百貨店しょくひんかんの店頭に立ち「サーバー屋のサバ缶」の試食販売をします!

そしてなんと今回は、ご購入いただいた方から抽選で3名様に、3月1日発売の書籍「蘇るサバ缶」をプレゼント!

開催時間は11:00〜18:00まで!
みなさまのご来店をお待ちしております!!

●書籍「蘇るサバ缶」について
東日本大震災の津波によって壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市の木の屋石巻水産。
震災前から仲の良かった東京都世田谷区経堂の人情商店街の人たちが、工場跡地に埋まっていた泥まみれの缶詰を掘って洗って売る活動をはじめ、支援の輪が全国に広がり、約22万缶を販売。
それがきっかけとなり、震災から2年後に工場再建、4年後に売り上げ復活を果たした。そんな石巻と経堂の人々の熱い友情物語をまとめたノンフィクション本が『蘇るサバ缶』。
著者の須田泰成さんは、実は、「サーバー屋のサバ缶」をプロデュースした人物。人の〈つながり〉の大切さを描くハートフルストーリーです。

【出店期間】3月11日(日)11:00〜18:00

2018年03月05日

あなたの商品、販売してみませんか?

日本百貨店しょくひんかんは、作り手と消費者の出会いの場です。
全国の作り手のみなさん、都心のマーケットで、あなたの自慢の商品を販売してみませんか?
様々なイベントも行っています、我こそはという方!
是非お問い合わせください!

お問い合わせ

店舗のご案内

住所
〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA(ちゃばら)内
電話
03-3258-0051
E-mail
syokuhinkan@nippon-dept.jp
営業時間
11:00~20:00
定休日
元日、 6月の第一水曜日、 11月の第一水曜日

日本百貨店では、一緒に働く仲間を募集しています!

Facebook

twitter

Instagram

ぼくが始めた日本百貨店

日本百貨店